食生活研究会
map
 
 
サイトマップ
  講演会のご案内
 
 
トップページ > 講演会のご案内
 

公益財団法人 食生活研究会
第25回「食と健康」講演会を開催

2017年9月

日清製粉グループ(株式会社日清製粉グループ本社 社長:見目 信樹)が支援している公益財団法人食生活研究会(理事長:正田 修)は、本年10月3日(火)に、第25回「食と健康」講演会を開催します。

1941年に発足した公益財団法人食生活研究会では、「健康で豊かな食生活の向上に寄与する」ことを目的に、食料及び食生活に関する研究者または研究機関への助成、講演会等の開催及び講演会記録誌等の刊行、海外からの留学生に対する支援等を行っています。その一環として、「食と健康」講演会を毎年開催しています。

 
 
日  時 2017年10月3日(火)14:00〜17:20
場  所 一般社団法人クラブ関東
東京都千代田区大手町1-1-1
大手町パークビルディング 6階
電話:03-5221-8955(代表)
テーマ ■ 第一部 研究報告・活動報告
  1. 「未病モデルマウスを用いた日本原産自然薯ムカゴの生理機能性の検証」
    発表者:篠崎 文夏 氏
    ((地独)神奈川県立産業技術総合研究所研究員)

  2. 「農学教育の課題と挑戦〜
    東京大学大学院農学生命科学研究科アグリコクーンの10年の記録〜」
    発表者:中嶋 康博 氏
    (東京大学大学院農学生命科学研究科教授)
■ 第二部 講 演
  1. 「おいしさと加工性に優れた食品成分の健康増進機能」
    講 師:熊谷 日登美 氏
    (日本大学生物資源科学部教授)

  2. 「これからの食品産業における栄養疫学の必要性と有用性」
    講 師:佐々木 敏 氏
    (東京大学大学院医学系研究科教授)
定  員 150名
申込期限 平成29年9月14日(木)
参加料 無  料
お問い合わせ ●当講演会に関するお問合せ先
公益財団法人食生活研究会
担当:青木
東京都中央区日本橋小網町14-1
電話:03-5614-7155

●この件に関する報道関係者の方のお問い合わせ先
株式会社日清製粉グループ本社 総務本部 広報部
担当:開・寺岡
東京都千代田区神田錦町1-25
電話:03-5282-6650
 
講師経歴
 

熊谷 日登美 氏
日本大学生物資源科学部教授

[経 歴]
お茶の水女子大学家政学部食物学科卒業。
同大学院家政学研究科食物学専攻修士課程修了。
東京大学大学院農学研究科農芸化学専攻博士課程修了(農学博士)。
日本大学生物資源科学部(旧 農獣医学部)助手、講師、准教授を経て現在教授。
この間2000年3月から1年間イギリスThe University of Nottinghamで海外派遣研究員。専門は食品化学、食品機能学、食品保存学、食品工学。

主な研究:
・食品タンパク質の脱アミド化による機能性改善
・穀物アルブミンの食後血糖値上昇抑制作用
・シイタケフレーバー成分の機能性
・ニンニクフレーバー前駆体の機能性

主な受賞:
・平成28年度 日本食品化学工学会 学会賞

 
 

佐々木 敏 氏
東京大学大学院医学系研究科教授

[経 歴]
1957年生まれ。
1981年京都大学工学部卒業、
1989年大阪大学医学部卒業、
1994年同大学医学部大学院博士課程修了(医学博士、公衆衛生学)、
1994年ルーベン大学医学部大学院(ベルギー)博士課程修了(医学博士、疫学)。
名古屋市立大学医学部、国立がんセンター、国立健康・栄養研究所を経て、
2007年4月から東京大学大学院医学系研究科社会予防疫学分野教授。
専門は予防医学、公衆衛生学、人間栄養学、栄養疫学。

主な著書:
『EBN入門−生活習慣病を理解するために−』(共編著)
『Evidence-based Nutrition:EBN  栄養調査・栄養指導』
『わかりやすいEBNと栄養疫学』
『栄養データはこう読む! 疫学研究から読み解くぶれない食べ方』他

 
食生活研究会の概要
 

1941年、日清製粉株式会社の創始者・正田貞一郎は、農産物に関する科学的研究促進のため、「研究機関または研究者に対する援助」等を行うという趣旨のもと、財団法人農産化学研究会を設立しました。設立時には学会の権威である鈴木梅太郎、坂口謹一郎、水島三一郎各先生が理事となり、初代理事長に正田貞一郎が就任しました。

戦後、食生活の実態が戦前とは著しく変容することとなり、これに鑑み、財団法人農産化学研究会は、主な事業目的を「食糧の構成と食生活に関する科学的調査研究」とし、名称も「財団法人食生活研究会」と改称しました。

また、2013年4月に公益法人制度改革による公益認定を受け、名称を「公益財団法人食生活研究会」に、目的を「健康で豊かな食生活の向上に寄与する」に変更しました。

当財団は創設以来、「食」に係る研究者・研究機関等を対象とした研究助成や講演会の開催を長年にわたり行い、2013年度からは海外留学生への支援を事業目的に加え、公益事業を行っています。歴代の理事長は、正田貞一郎、渋沢敬三元大蔵大臣、山際正道元日銀総裁、正田英三郎元日清製粉竃シ誉会長相談役、藤巻正生東京大学名誉教授の諸氏であり、現在は正田修鞄清製粉グループ本社名誉会長相談役がその任に当たっています。

 
 
ページ先頭へ   Copyright (C) 2006-2017 The Foundation for Dietary Scientific Research. All Rights Reserved.